FC2ブログ

女性の社会進出

 日本の人口減少に伴い、GDPもどんどん減少しています。ある国では過去に人口が半減した際に、女性が社会進出し、経済を立て直したこともあったそうです。
 先日行われた八戸市議議員選挙では、4名の女性議員が当選しました。今後ますます人口が減少していく中で、女性の活躍がより重要となってくるでしょう。
スポンサーサイト



生産性を向上させるためには

 先日参加した研修のテーマは「経理部門の働き方改革」でした。
 日本の企業はこれから人口減少と高齢化によって、これまでの業績を維持することが難しくなっていきます。現在収益を維持するためには、生産性を1.6倍上げなければならないそうです。そのためこれからは、如何に生産性を上げるか、が重要になります。
 そのための案として挙げられたひとつが、銀行に行くのはやめましょう、というものでした。銀行へ行くと、往復の移動時間と銀行での待ち時間がかかります。しかし、インターネットバンキンク゛を利用すると、会社に居ながらにして入出金の確認や振込作業をすることができます。多少の手数料が発生しますが、銀行へ出向いていた時間を考えると生産性はぐっと上がるでしょう。
 生産性向上というのは、なにも製造業だけの話ではありません。ぜひ経理部門の働き改革の一端としてご検討ください。

不在者投票について

 4月21日(日)は、八戸市議会議員選挙の投票日となっております。
 青森県の選挙の投票率は、全国的に見ても低い傾向にあります。当日投票所に行けないという方は、不在者投票を利用してはいかがでしょうか。以前よりも、スムーズに不在者投票ができるようになっています。有権者の方は、棄権せず、是非投票に行き、姿勢をより良いものにしていきましょう。

農業所得者の日本政策金融公庫への融資申込

 近田会計事務所では、日本政策金融公庫からの融資のご紹介をさせていただいております。その中には、農業者やブロイラーの事業者様からの申込もあります。日本政策金融の中では農業者の申込は稀なケースで、八戸支店は農業者の申込件数が全国一の数となっているそうです。
 農業者は現在、格段に伸びている業種です。融資の申込を検討されている方がいらっしゃいましたら、お気軽に近田会計事務所へご相談ください。

映画「祈り」

 今日は、素晴らしい映画をご紹介したいと思います。その映画とは…「祈り」です。実は世界各国の映画祭で各賞を受賞している名作です。
 皆さんも、初詣には行かれますよね。それと同様に人間は、全世界で大昔から祈りを続けてきました。人間は、なぜ祈りを捧げ続けてきたのでしょうか。現代では、この祈りについて科学的な研究が行われており、人類が祈りを続ける意味とその絶大な効果がわかり始めています。
 詳しいことはこの映画をご覧いただければわかります。この「祈り」が、4月21日(日)に八戸ポータルミュージアムはっち シアター2で上映されます。みなさん、ぜひご鑑賞ください。

TKCモニタリング情報サービスについて

 TKCでは「TKCモニタリング情報サービス」を推進しております。「TKCモニタリング情報サービス」とは、会計事務所がお客様からの了承を得て、金融機関に対し決算書や月次試算表をインターネット経由のデータで提供するサービスとなっております。
 「TKCモニタリング情報サービス」にどのようなメリットがあるかというと、①決算書を紙媒体でコピー・郵送する手間が無くなる、②スピーディーにデータ提供ができるので融資審査が早まる、③信頼性の高い決算書は金融機関からの評価を高める、といったものが上げられます。
 上記のメリットの中でも特に③の信頼性の高い決算書を提供し金融機関からの評価を高めるというのは、月次巡回監査を行っている当事務所を含むTKC会員事務所全体でお客様のお力に添えるものとなっています。その為、月次巡回監査を行い、それに伴い「TKCモニタリング情報サービス」による金融機関への生きた情報提供は、金融機関への情報の非対称性の解消を行い、信頼性を上げる重要な要素となります。
 今後も当事務所では、「TKCモニタリング情報サービス」を通して、金融機関と企業を良好に繋げるお手伝いをさせて頂く所存でございます。

VISITはちのへ設立

 平成31年4月1日に「一般財団法人VISITはちのへ」が設立されました。VISITはちのへとは、「八戸地域地場産業振興センター」、「八戸市物産協会」、「八戸観光コンベンション協会」、「八戸広域観光推進協議会」、「八戸市(観光課のソフト事業)」の5団体が統合したものです。
 VISITはちのへが設立されたのは、加速度的に進む地方の人口減少や地域経済の縮小といった地域課題に正面から取り組むべく、「交流人口の拡大」と「地域産品の復興」を両輪とした事業を展開していくためです。目標は、八戸圏域の魅力を国内外へ発信し、地域ブランドの確立(信頼関係の構築)を図り、来訪者を増加させビジネスチャンスを広げることで、新たなビジネスの創出と雇用の拡大、定住人口の増大につなげることです。

経営計画策定の重要性

 中小企業を取り巻く環境は、年々変化しております。人口減少による消費者の購買力の低下、都心一極化に伴う地方の後継者不足に加え、働き方改革も実施されました。このような環境変化が企業経営に大きな影響を及ぼし、これまでの経営手法は役に立たなくなっております。事実、「資金繰りが不安定だ」、「要因はわからないが売上が減少している」と感じている関与先様が増加しています。
 このような関与先様に対し、私が提案するのは経営計画の策定です。経営計画策定の目的は、売上や資金繰りを経営者が主体的にコントロールすることにあります。計画策定にあたり、経営課題の発見や分析を行うことも可能です。実際に計画策定による業績予測から、設備投資を適切なタイミングで行い、上手に節税を行った関与先様の事例も既にあります。この事例での節税額は、計画策定料の何十倍にもなります。これは関与先様と当事務所が互いに真剣に計画策定を行った結果として、当然のことだと感じております。また、計画策定後のフォローアップも充実させています。
 私の税理士としての長い経験から、今後の経営には経営計画の策定が不可欠であるという実感があります。興味を持たれた方は是非、当事務所にご連絡ください。

確定拠出年金

 これまで度々、小規模企業共済のご紹介をさせていただきました。しかし小規模企業共済には、「小規模な個人事業者・青色事業専従者、小規模企業の役員であること」などの加入条件があるので、入りたくても入れない方も多いのではないかと思います。
 そんな皆様に提案したいのが確定拠出年金(401K)です。確定拠出年金は受取が60歳から、途中解約不可という制限はつきますが、小規模企業共済と同じような節税効果・貯蓄効果があります。個人型は掛金が全額所得税の控除になり、法人型になるとさらに社会保険料の減額にもなります。
 とてもお得な制度ですので、ぜひご検討ください。

経費削減の意識

 当事務所のストーブが二日間、夜間もつけっぱなしになっていたことがありました。誰もいないのに点いているのはとてももったいないことです。最後に帰る者が責任を持って消すように、ひとりひとり経費削減を意識するようにしておりますが、時々こういうことが起こります。
 皆様の会社ではいかがですか?無駄な経費が出ないよう、皆が意識することが大切だと思います。自分の家では電気代やガス代を意識して節約しようとしますが、会社ではその意識が疎かになりがちです。
 塵も積もれば山となります。もったいないこと、無駄になっていることから見直していきましょう。

Facebook

プロフィール

所長

Author:所長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR