FC2ブログ

日本と欧米の教育の違い

 欧米をはじめとする海外では、新入社員は就職してすぐに業務につくことができます。対して日本の新入社員は一から教えないと業務に取り組むことが出来ません。この問題の根底にあるのは、欧米と日本の教育システムの違いにあります。日本電産の永守重信社長は、日本のこのような現状に危機感を抱き、ある大学の理事長に就任しました。
 ちなみに近田会計事務所では、新人研修をとても大切にしています。日本の新入社員が一から教えていかないと業務を覚えないのは、「自発的に考える能力」が失われているからであると考えられます。弊社の新人研修では、「自発的に考える能力」がうまく発揮されるような工夫をすべく、毎年試行錯誤しながら研修を計画・実施しております。
スポンサーサイト



八戸 新社会人会議

 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、野村證券様の主催で八戸地域の企業の新入社員を対象に、八戸地域の未来を考える「八戸 新社会人会議」が開催されます。
 「働くとは」をテーマに掲げ、「自分がどうやって八戸に貢献できるか」等、いくつかのワークを通して「働く」について考え、①モチベーションアップ、②社会人同期のつながり、③後輩学生の地元就職活動へと繋がるような内容となっているようです。
 当事務所でも新入社員が3名参加する予定です。自分は、“誰のため”に“何のため”に働くのか、を八戸で共に働く新社会人の方と共有できるいい機会になればと考えております。ご興味をお持ちの方は参加を検討されてみてはいかがでしょうか。

経営計画策定

 当事務所では、経営支援業務の一部として経営計画策定等を含む金融機関での借入のお手伝いを行っております。国民生活金融公庫様もその一つです。以前、国民生活金融公庫の方から、国民生活金融公庫八戸支店は全国でも農業関係者の借入実績が多くあり、その多くは当事務所がお手伝いさせて頂いたものだということをお伺いする機会がございました。
 経営計画策定等、事業主の方が単独で作成するには難しい書類が必要となる場合もあります。そのような場合にはぜひ当事務所にご相談ください。

親孝行

 良好な親子関係を保つことが出来ず、子が親を怨みながら生きていくというのは、よくある話だと思います。しかし、それは子の思いと親の思いが噛み合っていないことが原因で生じてしまうことだと考えます。従って、子が、親の思いを理解しようとする心、受け入れようとする心。親が、子の思いを理解しようとする心、受け入れようとする心。それぞれを双方持つことにより、交わらなかった線が徐々に交わる可能性が高まるのではないかと考えます。
 皆様方にも相手の気持ちを理解する気持ちを持っていただき良好な親子関係を築いていただきたいです。

企業防衛講演

 先日、仙台市で開催された企業防衛の会合で講演の講師として話しをさせていただきました。
 企業防衛のみならず、すべての業務に共通して言えることは、「継続すること」であると感じています。弊社では朝礼に30分という時間を設けていますが、このように朝礼に多くの時間を設けることですぐに実績が上がるわけでもありませんし、従業員の方々の生産性や業務改善になるわけでもないと思います。むしろ業務の時間が少なくなってしまうことや、朝礼に出席したくないといったマイナスの影響を与えかねません。しかしそこには、頭で考えても目では見ることができない大きな利益があると考えています。実践し、継続することに意味があるのです。目先の利益に囚われることなく、一見意味のないようなことでも継続してみて下さい。必ずやそれは会社の財産となると確信できるはずです。

倫理法人会講師

 先日、倫理法人会の講師で山形県に行ってまいりました。
 そこでは、会社及び従業員が成長していくためには倫理法人会の実践が有効だという話をしました。倫理法人会の実践は直接会社の利益になるものではありませんが、実践した企業の多くは成長しています。弊社においても従業員の入社時に、倫理法人会モーニングセミナーへの参加を勧めていますし、自らの意思で参加する従業員もいます。
 モーニングセミナーでは、様々な講師から普段聞けない話を聞くことができるので良い経験にもなります。そしてその話の中で良いと感じたことを吸収して実践し、継続させていくことが成長につながるのです。
 これらのことが企業の立て直しや経営者様の成長、従業員の成長へとつながると思いますので、モーニングセミナーへ参加する人たちがもっと増え、継続して実践するという心構えを身につけてほしいと思います。

事務所見学に行ってまいりました

 先日、東京のとある税理士事務所を見学して参りました。FX4クラウドの推進に力を入れている事務所様です。事務所を見学し、様々な導入事例等を聞くことが出来ました。FX4クラウドはクラウド型なので、出張先でも最新業績のチェックができ、部門別の業績管理もできます。インターネットバンキングや業務システムとの連動により、経理業務の合理化も期待されます。AIの発達により今後我々の仕事のほとんどは機械化され、人の行っていた仕事はAIに取って代わられていくと言われています。会計事務所も同様です。 しかし、FX4クラウドの導入はお客様の会社をよりよくできると考えております。これから当事務所でもより推進していけるよう導入に向けて他の事務所様から学ばせていただき、知識を深めて参りたいと考えております。

ZAi2018年4月号より

 ZAi2018年4月号より、「株」に関する記事について取り上げられておりましたので、一部紹介したいと思います。内容は主に日本株市場と米国株市場についての比較記事でありましたが、両者にはやはり大きな溝があるように感じました。
 ここ20年での日本株価は1.2倍であるのに対して、米国株価は7.2倍という驚異的な上がり値を見せています。両者には株を「投機」と見ているか、「投資」と見ているかという違いがあります。「投機」は、ちょっとした値動きでの利ザヤを確保するべく頻繁に売買を繰り返すことを言い、「投資」は、有望株など一定の株をコツコツ買い増ししていくことを言います。前者が多いのは日本株市場であり、後者が多いのは米国株市場であるのですが、なぜここまで株に対する認識が乖離してしまっているのでしょうか。
 私はこれまでの経済動向と政府の株価政策の影響が大きいのではないかと考えています。日本はこれまでにバブル経済を経て、バブル崩壊やリーマンショックなど様々な経済的な影響を大きく受けてきました。株価が上昇しているような経済動向の際は、株価が上がりすぎないように総量規制や地価税といった政策で規制を設け、さらに株価が下降している経済動向の際もなお規制が緩和されていないように感じます。こういった日本の市場環境が株に対する見方や印象を悪くし、ひいてはこの影響による日米間の差が数字で表れているのではないでしょうか。
 現在では、確定拠出年金やつみたてNISAなど「投資」に目を向けた商品が多数揃い始めています。株に対する見方や印象を払拭し、将来の豊かな暮らしのためにも資産形成をしていく必要があります。資産形成はリスク分散をし、さまざまな方法で将来の貯蓄をする必要があります。現預金で資産保有するだけでは、物価の上がり値に対応しかねるというリスクを加味すると、確定拠出年金やつみたてNISAなどで運用していくことも必要なのです。

近田会計事務所の研修費について

 ここ数年、近田会計事務所の研修費は、売上高の5%超となっています。これほど研修費を計上している会社はなかなか存在しないと思います。近田会計事務所は勉強する環境が整っており、学ぼうと思えばいつでも学ぶことが出来きます。研修・勉強の内容は、各種税法、相続、事業承継、医業、社会福祉、コンサルタント等、多岐に渡ります。また、倫理法人会を通じて倫理の勉強にも励んでいます。倫理を学ぶことによって直接会社の売上を上げることは出来ませんが、自分の心を育て、人材を育て、その結果が売上の向上や会社の向上に繋がっていくと考えております。倫理法人会は会社をより強くするための気付きを与えてくれるのです。我々は今後も研修・勉強を積み重ねていきたいと思います。

川崎市倫理法人会

 先日、倫理法人会での講話のため神奈川県川崎市の武蔵小杉に行って参りました。約50年ぶりに訪れましたが、当時は空き地が多く田園風景が広がる街でしたが現在は大きく発展しており、その変化に大変驚かされました。人口も当時はそれほど多くありませんでしたが、今では30万人弱と八戸市の人口を上回っているそうです。駅も随分と立派になり、東京駅まで片道20分と通勤にも便利であり、都心までのアクセスの良さが魅力となっているようです。
 八戸市も近年中核市に移行したりと、東北における重要な都市として日々発展してきております。川崎市のように今後益々発展し、地域の経済のためにも魅力ある街となって欲しいと願っております。

Facebook

プロフィール

所長

Author:所長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR