FC2ブログ

小規模企業共済の受給事例

 以前にも何度かお話ししておりましたが、当事務所では節税対策や資産運用面から小規模企業共済の活用提案を推進しており、これまで何件ものお客様から感謝の言葉をいただいております。
 今回は、最近の給付金受給の事例を紹介します。残念なことに今年に入ってある関与先企業の役員の方が亡くなりました。こちらのお客さまは小規模企業共済に加入して月額5万円を継続して掛けておられ、掛金総額1,825万円(5万円×30年5か月)に対し、2,450万円の給付金が入金となりました。625万円程の差益となっており、所得の多い方でしたので所得控除となる掛金1,825万円の30%程度は節税効果があったと思われます。
 また、死亡による受給でしたので、給付金は相続税の死亡退職金扱いとなるため、非課税控除2,000万円(500万円×法定相続人4人)となり、差額450万円のみが相続財産となります。
 このように節税効果もさることながら、資産運用面からも有用な小規模企業共済の活用を考えてみませんか。
スポンサーサイト



Facebook

プロフィール

所長

Author:所長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR