FC2ブログ

小規模企業共済制度について

 皆さんは、小規模企業共済制度をご存知でしょうか。
 これは簡単に言うとすれば、小規模事業者のための退職金準備制度です。この制度の良いところは、掛金を月額1,000円から70,000円まで選択することができ、その上その掛金は全て所得控除になるという点です。
 具体的に計算をしてみましょう。月額10,000円かけますと、最低でも所得税、復興税が6,612円、住民税が12,000円少なくなります。また、現在の利回りは1%で運用されておりますので預金利息と比べても断然お得です。
 受給する際にも、一括で受け取りますと退職所得として、分割で受け取りますと公的年金等の雑所得としての申告となりますので、税金を計算する上でとても優遇されていることがわかります。加入制限があり、サラリーマンは加入することが出来ませんが、従業員が少ない企業の経営者や個人事業主、共同経営者は加入することが出来ます。加入資格のある方は、一度加入を検討してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



GPIF運用実績について

 平成28年10月から12月のGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の期間収益額が約10兆円と新聞の隅に小さく掲載されておりました。年金運用については、損失額が大きくなった時ばかり大きく取り上げられますが、今回のように10兆円もの運用益を出した場合はとても小さな記事となっていました。
 マスコミが読者に関心を持たせるために、悪いこと、驚くようなことを過大な表現で伝えることもあるようです。何事も、まずは中立的な視点で見つめ、良いことも悪いことも自分たちで判断する必要がありますね。
 平成13年からの運用累積収益は約50兆円で、これは年間税収に近い金額です。年金制度の破たんを恐れている方々もいらっしゃるかと思いますが、これからは情報を客観的にとらえる力が大切となりそうです。

Facebook

プロフィール

所長

Author:所長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR