FinTech(フィンテック)とは

 今年も早いもので、間もなく平成28年が過ぎ去ろうとしております。皆様に於かれましては、どのような一年でしたでしょうか?
毎年恒例の今年の漢字は『金』でしたね。私ども会計事務所も仕事柄、「金」の流れを取り扱いますので、来年に向けて「金」に関連したお話をさせて頂きます。
 皆さま方は、最近「フィンテック」なる横文字を見聞きする機会が増えておりませんか?これは「IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと」だそうです。
 弊社でもTKCの会計ソフトを利用して、金融取引の自動仕訳読み込みサービスを推進しております。サービス開始間もないため、関与先での利用件数はまだ少ないのですが、来年に向けて全ての自計化されている関与先への導入をめざし、関与先の業務効率改善に繋げていく予定です。
 TKCの会計ソフトは、職業会計人が設計した会計ソフトであるため、他社ソフトと比較して中小企業会計基準を尊重している点や、帳簿記録の「改ざん」の可能性を排除する点をはじめとして、極めて厳格なセキュリティ管理を基本としております。
 まだまだお伝えしたい内容はあるのですが、詳細については弊社の担当者より丁寧にご説明させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
 本年も私のブログにおつきあい頂きまして誠に有難うございました。
それでは皆様、来年も良いお年を。 
スポンサーサイト

人材募集の基本

先日、弊社の採用試験が行われました。正社員とパートタイマーの採用試験だったのですが、合わせて20名近くの応募者となり、例年に比べて大分多くの方に応募していただきました。 
 書類審査を通過した10名程の方と面接を行ったのですが、ほとんどの方が弊社のホームページを事前に見ていました。ホームページには当社の業務内容はもちろんのこと、経営理念、各種福利厚生制度などを掲載しておりましたが、応募された方はそういった情報をくまなくチェックされているのだと、面接を通じて強く実感しました。
 昨今、どの業種においても人材不足が叫ばれ、人手が足りないと悩まれている経営者の方は多いことと思います。そういった経営者様は、是非ホームページを作成することをおすすめします。魅力あるホームページを作れば、多くの人材が集まるきっかけになりますよ。

意気の会

 昨日、八戸にて「意気の会」が開催されました。「意気の会」とは、全国10数カ所の会計事務所の先生や職員が年に数回一堂に会し、情報交換を行う場です。
 今回は八戸での開催となった会ですが、全国から全部で13の会計事務所が八戸市に集結し、「これまで効果のあった取り組みと自社の未来ビジョン」というテーマのもと、議論を交わしました。
 どの事務所も素晴らしい取り組みをされていると感じましたが、その中でも1番の取り組みであると感じたのが、「経営計画書」作成についての取り組みです。弊社ではお客様の決算月の前に決算対策を実施しておりますが、経営計画書を作成しているお客様は限られます。
 全顧問先で経営計画書を作成することが出来れば、企業の発展、さらには雇用の確保、そして地域の発展に繋がるものと考えております。今回は、大変有意義な会となりました。

金融機関との交流会

 中小企業を取り巻く金融情勢や企業経営が厳しさを増している昨今、金融機関と会計事務所がお互いの業務内容をより深く理解し合うことは双方にとって大切であり、重要であると私は考えております。
 先日、当事務所では岩手銀行様との交流会を開催し、『自社で会計を完結する自計化の必要性』についてお話をさせていただきました。実は、会計業務の自計化をしている企業としていない企業を比べると、自計化している企業の方が業績拡大しているという事実があるのです。そのため当事務所のお客さま方には、帳簿作成は税務署や会計事務所のためではなく、自社の経営に役立てるためのものと説明し、そのように認識していただいております。
 懇親会の席で、ある行員の方から『会計事務所は記帳代行業務をするところというイメージがあったが全く違っていた。顧問先のためになることをするのが会計事務所の業務なんですね』と声をかけられ、この交流会が大変意義深いものになったと嬉しく思いました。

介護の準備

 現在、私の姉は介護をされています。そういう自分もいずれは介護される日が来ることでしょう。
 介護をしてくれる人がいれば自宅介護もできますが、働きながら介護をすることになれば施設介護も考えなければなりません。ところが施設介護となりますと、費用負担が発生します。この費用は、安いところでも月15万円程度はかかると言われております。老後の生活資金が国民年金のみの方では、とても負担できる金額ではありません。
 そこで検討していただきたいのが介護保険です。これは要介護状態になった際に保険金が受給できるものですが、私の事務所で代理店を行っている大同生命では「介護コンシェル」をいうサービスが付帯され、介護施設の紹介やケアマネージャーの紹介などをしてくれます。介護をする上でケアマネージャーは特に重要です。相性の悪いケアマネージャーがつくと大変な思いをすることもあります。
 将来を見据えて、早めに介護の準備をした方が良いのではないでしょうか。

Facebook

プロフィール

Author:所長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR